不足する女性ホルモン

女性ホルモンの役割とは

トップ / 女性ホルモンの役割とは

美のテーマと育毛情報

女性ホルモンを増やす方法

40代を過ぎると、更年期に入るため、月経不順に悩まされたり、精神的に不安定になったり、いらいらしたり、太りやすくなってしまいます。女性ホルモンを増やす方法は、ごまなどのセサミンを豊富に含んでいる健康食品を摂取するようにしたり、女性ホルモンは脂質などで作られているため、肉類や大豆食品、魚類などのたんぱく質を食べることが大切です。女性ホルモンを増やす方法は、ヨガやピラティスなどのゆったりとした運動をこまめに続けるようにして下さい。健康食品で足りない栄養素を補うようにしたり、十分な休息を取ることも大切です。

PMSは生理前の女性に起きる

PMSとは月経前症候群とも呼ばれ、女性が生理の前の時期に心身の体調を崩してしまう症状のことです。頭痛や吐き気、イライラ、便秘、心が落ち込む、むくみが出るなどの症状があります。その原因としては、黄体期と呼ばれる時期には黄体ホルモンの量が多くなり、ギャバと呼ばれる精神の安定や抗ストレス作用のある物質が減ったり、同時に卵胞ホルモンが減ることでセロトニンと呼ばれる神経伝達物質が減ってしまうことなどが理由と考えられています。このように女性を苦しめるPMSですが、最近では医薬品が登場しています。